プロフェッショナルは、自分の強みをわかっている

あなたの強みは何ですか?
  
  
すぐ答えられた人は素晴らしい。
自分の強みを、自分で認識できているのですね。
  
  
「…だと思います」とちょっと自信なさげに答えた人。
強みを認識しているようですが、自分の強みに、もうひとつ自信が持てていないようですね。
  
  
まったく答えられなかった方。
強みを是非見つけるようにしてください。
強みの見つけ方は、簡単です。
  
  
松田優作という大俳優がいました。今、彼の息子さんが俳優として活躍しています。
「俺は映画にかけては誰にも負けない。なぜなら、24時間ずっと映画のことを考えているからだ」と言っていました。
  
  
私の友人である営業担当者は、「ずっと笑顔でいる」と決めています。
笑顔は人を引き寄せてくれるからだそうです。
彼の会社の中では、彼ほど笑顔の時間が長い人はいないでしょう。
  
  
私の強みは、
– 穏やかで語りかける口調にも熱い想いがあり、魅力的な話し方。心に響くプレゼンテーションと話し方
– 夢と勇気を与えてくれた。モチベーションを高めてくれた。高揚感を感じさせてくれた
これらは研修に参加いただいた多くの参加者から教えていただいたことです。
  
  
自分の強みを知る方法は、簡単です。
他の人に聞いてみることです。
プロフェッショナルは、自分の強みを自分でわかっています。
だから、強みを発揮できるのです。
  
  
— プロフェッショナルとは… —
「プロフェッショナルとは、なんだろうか?」
「プロフェッショナルを一言で語るとなんだろうか?」
「私は、もっとプロフェッショナルになりたい」
「人がプロフェッショナルとしてもっと活躍できることに貢献したい….」
  
そんな問いから出発して、「プロフェッショナル」の研究は、今ライフワークになっています。
プロフェッショナルについて、考えていきたいと思います。
  
  
コラムへの質問は、下記(↓) commentにて、遠慮なくお問い合わせください。
無記名でも、質問できます。
  
  
Copyright (C) 2010 T-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.
無断転載および転送はご遠慮ください。