2010/11 IT企業様 「営業プロセス-見積り提出数を増やす」ワークショップ

《ワークショップの実施概要は、下記の通りです》
参加者: 若手の業務企画チーム
時間:  3時間
人数: 10名
  
  
《ワークショップ実施に至った、クライアント様の課題は下記の通りです》
– 営業力が弱い
– お客様への訪問・課題把握はかなりの量が行われているようだが、それに対比して、デモ・見積り提出の量が極端に少ない。
– これが売上低迷につながっている。
  
  
《研修終了後、参加者には下記の学習がありました》
– そもそもの課題把握の目標設定が間違っていた。デモにつなげるゴールの設定、見積り提出につながるゴールの設定の必要性を痛感した。
– 他の人のアクションを学ぶことができて良かった。
– 一般的な「営業プロセス」ではなく、商品やお客様の特性を考慮した、効果的な「やるべきこと」がはっきり分かりました。
  
  
《研修終了後、参加者は下記の決意をしました》
– 自分で作ったプロセス。ですからしっかり取り組みます。
– このプロセスを元に、商談件数を格段に増やします。
– これから入ってくる新人への教育、若手の教育に効果が発揮できると思います。業務マニュアルとして、後輩の指導教材として活用します。