2010/11 コンピュータソフトウェア企業様 営業力強化研修「顧客視点の提案書の作成」(5回目)

《研修の実施概要は、下記の通りです》
お客様: コンピュータソフトウェア企業様
対象:  営業マネージャー、営業担当者
参加者: 20名
期間:  2.5時間
  
  
  
《研修実施に至った、クライアント様の課題は下記の通りです》
– 上期が非常に厳しい営業状態で終了した。後半巻き返しを図りたい。
– 代理店への依存度合いを下げ、直接販売の比率を高めていく。
– 見込み案件数を格段に増やしたい
  
   
   
《研修終了後、参加者には下記の学習がありました》
– 提案とは私たちを正しく理解いただき、私たちを選定いただく事である。
– プレゼン方法のフレームワークが理解できた事
– ロールプレイングを行ってみて、課題・要求仕様・選定基準を理解しているようで、十分理解していないように感じました。この3つが分かっていないと、解決をずらしてしまい、提案できない事を学びました。
– ユーザーの課題を正しく把握する事が大切かを知りました。また、紙に書いて整理する事も大切であるという事が分かりました。
ほか多数
   
  
   
《研修終了後、参加者は下記の決意をしました》
– 提案について意欲をきっちり伝える。要望と提案の差の確認の必要性
– 今日頂いたフォーマットを活用する事。メンバーとブレストしていく事を実践します。
– 提案の途中で確認する事をもっと意識してみます
– プレゼンの際のフレームワーク
– 全ての提案書に生かしていきたいと思います。
ほか多数
   
   
《研修終了後、参加者から、下記の感想がありました》
– 気付きが多く大変参考になりました。
– 実際にロールプレイングをすると、分かったつもりである事に気付かされたり、学ぶ事が多かったです。
– 本当に仕事に直結した良い研修でした。今後の業務で実行していきます。いろいろと教えていただき有り難うございました。
– 勉強になる事が多かったです。有り難うございました。
– 最後、上司をほめた講師の方は初めてです。有り難うございました。
– フレームワークで業務効率化していく事を学びました。ありがとうございます。
ほか多数