世代間の公平性 Vol.126

若い人が高齢者の年金や医療の費用をまかなう原稿の仕組みは経済の高度成長と人口増を前提としている。現在は低成長。人口減なので、いずれ今の制度は維持できなくなる。
(2011年1月12日日経新聞より抜粋)


年金は、世代間の公平性を考える必要がある。
「将来への先送り」は、自立心を失う原因となる。
  
  
こういうこともポジティブに考え、なにかイノベーションを生み出そう。