「営業担当者が元気で明るい」状態への支援をする

営業担当者は、元気で明るいですか?
法人営業(BtoB)にとって、営業担当者は「会社の顔」です。
会社の顔、会社を代表してお客様に訪問しています。
特に今、この景気が低迷している中、法人であるお客様は投資意欲が減退しています。
ほとんどのお客様は暗く、元気がありません。
そんなお客様の前で、営業担当者も暗く、元気がないようでいいのでしょうか?
会社の顔である営業担当者、会社の代表である営業担当者が「元気で明るい」、これはパフォーマンスを高める上で非常に重要な要素の1つとなりうると考えています。

今、多くのお客様は暗く、元気がありません。
そして、そんなお客様の前で、
– お客様と面会しても話が続かない。だんだん暗い話へと会話が進んでしまう
– 目や表情に明るさがなくなってしまう
– 自信がない話しぶりになってしまう
そんな営業担当者は増えています。

お客様が元気なく、明るさを失っている中、営業担当者の方も元気なく明るさを失ってしまっていては、何ら生まれません。
アイデアも出ません。
そして、未来へとつながる話し合いや行動につながりません。
こんな時代だからこそ、お客様か営業担当者のどちらかに明るさが必要です。
「前に向かって進んでいこう」という明るさの雰囲気を作り上げることが必要なのです。
そして、お客様に明るさがなければ、営業担当者が「元気と明るさ」を持ってお客様との話し合いに取り組もうとすることが重要です。未来を語ればいいのです。

ただ、営業担当者が元気で明るいだけでは、すぐに注文をいただけることにはつながらないでしょう。
未来を語れても、すぐに注文をいただけることにはつながらないでしょう。
しかし、未来を語り、お客様をほんのちょっとだけでも明るくできれば、そして、それを継続できれば、低迷した今を乗り越えた後に、著しい効果を必ず手に入れられます。
少し先ではありますが、必ず著しい効果に結び付くはずです。

営業担当者が元気で明るくなり、そして未来を語れるようになるには、営業担当者任せにしていてはだめです。
「元気で明るく」というのは、「人の性格」にも影響しています。
すべての人間が、もともと明るく元気なわけではなく、すべての人間が、もともと明るく元気な表情をしているわけではありません。
しかし、人間は環境に大きく影響されてしまう以上、もともと元気で明るい性格の人ですら、元気や明るさを維持できなくなっています。
今途方もない不安が世の中に広がっています。だからこそ、会社が「営業担当者が元気で明るく、未来を語る」ようになるための支援をしていく必要があります。
会社が営業担当者の元気や明るさを維持し、そして、未来を語れるように支援し続ける必要があります。

そして、支援の仕方において、「ただ明るくふるまう」「褒めあう」ということだけではだめです。
基本を大切にし、基本に対しては厳しく臨むことも重要です。
基本を大切にし、基本をしっかり学ぶからこそ、その学んだことから、希望すなわち「自分がこう成りたい、人にこうしてもらいたいとよりよい状態を期待し、その実現を願う」ことが見え始め、そして、明るく元気につながっていくのです。
基本を厳しく学ぶからこそ、基本と現実の差、理念と現実の差、望みと現実の差、未来と現実の差、など、「差」という形で、希望のかけらが見え始めてくるのです。

会社は、パラダイム・プロセス・システムなどの基本をしっかり定義し、そして、厳しく取り組みながら、「差」をともに考えつつ、差が埋まった時には褒めあい、そして「営業担当者が元気で明るく、未来を語る」ようになるための支援をしていく必要があります。

お客様も、明るく、元気な営業担当者を求めているのです。
今のような時だからこそ、未来の話を求めているのです。
気分を明るくしてくれる人を求めているのです。

私たちティ・スクエアは、私たちは「新しい時代に対応でき、営業信頼性・営業収益性を高める営業オペレーションプロセスを構築しなければならない」というニーズを解決しています。
法人営業(BtoB)という観点で、企業様の業務プロセスの再構築と、その業務プロセスを効果的に実施できる業務への定着に関するソリューションを統合的にプロデュースします。
営業担当者が元気で明るく、そして未来を語れるようになる支援も、私たちが提供しているソリューションの1つです。

Copyright (C) 2008 – 2009 T-SQUARE Co., Ltd. All rights reserved.
無断転載 および 転送はご遠慮ください。

1 個のコメント

  • 現在ような厳しい環境になると、閉塞感が生まれてきますね。どうしても目先のことにとらわれた行動になりますし。明るくなるためには、組織として「徹底してこれに取り組む。こう取り組めば、うまく。」みたいな方向性が必要ではないでしょうか。