日経新聞社説 「優れた社長」をどうつくるか Vol.218

日経新聞に、次世代のリーダーを育成する社説がでました。「日本の企業は、もっと早いうちからリーダーを育成すべきだ」と論じています。
http://www.nikkei.com/article/DGXDZO52740210T10C13A3EA1000/

The high-rise buildings in Chicago大手企業研修会社の調査によると、日本の企業の1/3しか次世代リーダー育成に取り組んでいません。
2/3の企業は、企業の将来のための教育をしていないのです。

そして、私たちティ・スクエアが調査をしてみると、「次世代リーダーを育成している」と行っている1/3の企業も、その教育内容を見ると、業務遂行するための研修がほとんどで、企業を成長させるためのリーダー育成に取り組んでいる企業は、ほんの一部でしかありませんでした。
リーダー育成を行っているつもりなのですが、業務を行うためのマネジメント研修でしかなく、実はリーダーを育て上げるための教育ではありませんでした。

私たちティ・スクエアの独自調査だと、従業員数が1000人以下の企業は、もっとひどい状況です。「企業の将来のための次世代リーダー育成を行っている」と言っている企業は、約3%しかありませんでした。
リーダーを育成するマーケットそのものが、1000人以下の企業には、ほとんど存在していないのです。

これでは日本の未来が本当に心配です。今の日本の企業は、これだけ未来への教育投資をしない企業になってしまっています。
日本の未来のために、企業の成長のためのリーダー育成の市場をもっと拡大していかなければなりません。