「感動」の機能追加!! 私は身震いがするほど感動しました… Vol.240

turbulence ahead研修後の「まなびあい」コミュニティ

皆さんにご協力いただき、一緒に育てているコミュニティ「まなびあい」ですが、新しい機能が追加されました。
感動・驚きの機能です。


私が、その機能を実際に目で確認した時、身震いを感じ、“ほんとうにすごい!“と感動しました。
そんな、すごい機能が追加されました…。
それは、「いいね!」と、他の人の感想や体験談を賞讃することができる機能です。
Facebookを使用されている方は、分かり易いかと思います。


これだけを聞くと、「なんだそんなこと…」と感じるかもしれませんが、開発をしている仲間にしてみれば、複雑な設計作業と広範囲を考慮した試験を行わなければならない大変な作業でした…


「日本のビジネスパーソンにもっと力を発揮し活躍してもらい、日本の企業がもっと世界が良くなるために存在感のある存在になってもらい、そして、日本がもっと活気あふれるようになってもらいたい…」
これが、私たちの想いです。


そして、それを実現するために、「もっとみんなの成功に貢献できるコミュニティーにするためにはどうしたら良いだろうか…もっとみんなが率先して感想や体験談を投稿してもらうためにはどうしたら良いだろうか…」を毎日考えてきました。


「人に教えること」そして「実践するだけではなく、感想や実践体験談をOutputすること」は、間違いなく、もっとも学習効果が高い学習方法なのです。
でも、正直言いますと、「まなびあい」の中への投稿がなかなか増えていないもの現実です。「どうすれば、もっとみんながOutputするようになるだろうか…もっと投稿数が増えるだろうか…」は、私たちが超えなければならない、とっても大きな壁です。


そんななか、色んなアイデアを出し合ってきましたが、そのアイデアのうちの一つが、facebookのような「いいね!」の機能です。
「よい感想や体験談をoutput(発表)してくれた人には、ちゃんと敬意をはらおうよ。本当に他の人に役立つ投稿をしてくれた人には賞讃すべきだよね。もっとみんなで敬意を払い賞讃しあえれば、“もっとよい投稿をするぞ!”と取り組んでくれる人が一人・二人と必ず増えてくるはずだよ…」と…。


その話しをしている時、開発者は、そのアイデアには賛同してくれたのですが、態度に何か違和感が感じられたのです。意欲的ではなく、「分かりました、やりましょう!」となかなか言ってくれなかったのです。


そこで、私も我慢できなくなり、強めの語気で「“いいね”の機能を開発しようぜ…」といいました。そうしたら、出てきた言葉は、期待していた返事とは全く逆の言葉でした。


「そう簡単に言いますけど、データベースの設計がとても複雑になりますよ、そんな簡単な物じゃないんですよ。ユーザーが、1つの投稿に何回も「いいね」をすればいいって物じゃないですよね…」


私は、「コミュニティーに参加してくれている人にもっと喜んでほしい。もっと率先して東京する意欲が発揮してもらえる環境にしていきたい」と考えていただけなのです。
でも、私は、開発する苦労や大変さを一切認識していませんでした。
「“いいね!“なんて、かんたんにできるだろ」って思っていたのです。


落ち着いて開発という観点で仲間の話しを聞いてみると、時間はかかる、考えなければいけない要素はたくさんある…、
そんな話しを聞いているうちに、「そうか、facebookのような大企業じゃないと、出来ない機能なんだ…」と感じてきました。
そのときは、正直言って“いいね!”の機能をあきらめようと思いました。


でも、最後にその仲間が、「どれだけ時間がかかるか分かりませんけど、やってみますよ」と言ってくれたのです。


それから、2ヶ月もの時間が、過ぎました。
途中「どこまでできたかなあ? 進捗を確認したいけど、聞きづらいなあ」と悶々とした日々をすごし、この進捗について確認できないまま日数だけが流れていったのです。


そうしたら、先日「できましたよ! まなびあいに“いいね!”機能を追加しました」という連絡が来ました。


本当にびっくりしました。一時期はあきらめかけていたのですから…
急いで、「まなびあい」を立ち上げ、ログインしました。


身震いがしました…
「すごい、本当にできている…」と感動しました。


後々聞いてみると、遊ぶ時間も削り、かなりの時間をこの機能の実装に没頭して取り組んでくれていました。
かなりの時間をあけて、技術的な色んなことを調べていたようです。


「あまりにもめんどくさい、もうやめようかなあ」とあきらめかけたときも何度もあったようです。そんなときは「日本のビジネスパーソンにもっと力を発揮し活躍してもらい、日本の企業がもっと世界が良くなるために存在感のある存在になってもらい、そして、日本がもっと活気あふれるようになってもらいたい…」
「楽しむことを追求して、IDEOのように突き抜けた最高のコミュニティーを作り上げる」
と私と語っていることを思い出しながら、取り組んだようです。


そんな話しを聞くと、
「ありがとう、ありがとう」
この言葉しか発することができませんでした。


本当に、私には、素敵な仲間がいます。本当に感謝しています。
素敵な仲間とは、この開発を担ってくれている仲間です。
でも、それだけではありません。このコミュニティーを一緒に育てる協力をしてくれている人も、そして、私の研修に受講してくれた人も、その大切な仲間です。


「まなびあい」は、みんなの成功を願ってつくっているコミュニティーです。みんなが、研修受講後も実践してもらい、学び合い、成長を続けてもらうための物です。
フランクリン・コヴィーの研修以外でもいいのです。
もっと、みんなの満足のために、成長のために、智恵と遊びと勇気と情熱を注いで行きます。そして、何100万人という人が集うコミュニティーへ発展していきたいと思っています。


是非、久しぶりに「まなびあい」に訪問してみてください。
そして、仲間にこの存在を紹介してみてください。
研修後の「まなびあい」コミュニティ


★ お願い ★
皆さんのおかげで、着実に育ってきています。今後も皆さんと一緒に育てていきたいと思っておりますので、ぜひご協力をお願いします。
今後も、下記について、継続的な協力をお願いします。
● 登録されていない研修の追加
● 受講した研修の感想の記入
● もっと進化するためのフィードバック
● 他の人へのこのコミュニティーの紹介


【最近の主なアップデート】
● 「いいね」が追加されました。
是非、他の人の良い感想や体験談に「いいね」をしてください。
そして、是非皆さんもたくさんの人から「いいね」をもらえる投稿も狙ってみてください。


●検索の追加
研修検索時「いいね数が多い順」で並び替えできるようにしました。


●「集まろう!」掲示板の横幅を拡大しました。


以上、宜しくお願い致します。