数十年前の今日、生まれました。 Vol.257

数十年前の今日、おふくろの実家のある岐阜県で生まれました。

生まれたときは元気だったらしいです。
日が経つにつれ、だんだん体の色が黄色くなり、そのうち、オレンジ色へと変わっていったそうです。新生児黄疸ってやつらしいですね、どうもおふくろの血が私に合わなかったようです。
生まれてから1-2日は泣いてばかりいたそうですが、黄疸が強くなってくると、泣くこともできなかったようです。

そして、生まれて数日後に、血を入れ替える手術をしました。
手術はもう待っていられない状況だったらしく、深夜に行なわれたのですが、何しろ輸血のための血が全然足りず、たくさんの親戚が深夜なのに病院に駆けつけてくれ、たくさんの血を分けてくれました。
手術の後の1-2日間の私は、ずっと寝ていたそうです。相当身体にこたえた手術だったようです。

おふくろは当時のことを話すときは、「本当に幸運だった!」と今でも言います。もう少し遅れていたら、死んじゃうか障害が残っていたかもしれなかったからです。
その時の手術の傷痕は、今でも体に残っています。

たくさんの人に分けてもらった人生、数十年たった今、幸運にも生きています。

話しはちょっと変わりますが、六星占術的には、私にとって2月は非常に幸運な月。
生まれたときから授かっているこの強運をますます発揮して、素敵な人たちとともに、今年は世界でビジネスをするための新規事業に取り組み始めています。

もちろんこの幸運を、周りの人にも届け続けますよ!