クレア・町田会長の講演を聞きました Vol.258

J0255592現在、飲食店様に貢献する事業に取り組んでいるので、株式会社クレアの町田会長様の講演を聞きました。そのお話には創業者、そして、飲食店の成功の秘訣となる多くのヒントが満載でした。

「満州から引き上げられてきた」とおっしゃっていましたので大体の年齢は想像がつきますが、非常に聡明なお話でした。いまだ現役で、いろんなことにチャレンジししているからだと感じました。

そのお話で、私がメモしたキーワード(一部)は、下記です。
・創業前銀座松坂屋で働いていた時、負けず嫌いで人よりも早く仕事を処理しようとした。余った時間で、いろんな部署のヘルプに行った。他の人は嫌がっていたが、自分はそれが楽しかった。
・1983年に八王子に1店目をOpenした時、損益分岐点は450万円程度と思っていたが、1000万円にも売り上げになった。飲食店は1店目に成功することはとても大事。そのためには高くても立地にこだわらないといけない。安い立地に出店したこともあったが、何店もCloseした。
・幾度もの景気低迷があり「カフェだけだと危ない」と感じ、業種業態を増やした。「三本の矢」として、カフェ/和食/洋食に取り組んだ。
・大手チェーン店がやらないことをした。各店舗ごとに制服もメニューも変えた。それは手間が非常にかかることだったが、それをやろうとした。
・立派な経営者は理念がしっかりしていて、社会責任/地域貢献している。そして、私(町田会長)は、ハートの良い人が好き。そうしていたら、困った時にたくさんの人が助けてくれた。いろんな人と関係を持つことができ、いろいろ教えてもらってきたことを感謝している。
・京都に出した店では、コラボして出店をした。カフェだと客単価が1000円にも満たないが、有名な料理(1000円)とコラボすることで、客単価を倍以上に高められた。
・すべての店舗で業務日誌を書いていて、店長以下アルバイトも必ず毎日目を通すようにさせている。ちゃんと書かれているお店は、やっぱり繁盛している。

その他にも、いろいろと学べきことがありましたが、極めつけは、「いつも夢を持ち、夢を目指している。年中夢求」。
やはり、偉大な創業者は、そこが大事ですね。でも、その裏側にはいろんな苦労があったようでした。

町田会長から伺った話から、飲食店が繁盛するには、
・品質が良くないといけない。これは最低限。
・徹底してお客様に喜んでもらう。それを教育と仕組みでちゃんと支える
・お客様は集まる立地支出を踏まえて、収支を設計する
・地域貢献、社会貢献を通して仲間を増やす

飲食店だけのことではないですね。どんなビジネスにも言えることです。
たくさんの経営者様の課題や悩みを積極的に伺い、正しい目標戦略設定/業務プロセスの改善/人の強化に貢献していこう、との想いを強くしました。そんなことを成し遂げたい仲間とともに…
特に、飲食店業界はまだまだ勉強が必要です。もっと多くの経営者様と会い、ともにイノベーション実現に取り組もう、と強く思ってます。

町田会長様、ありがとうございました。