私たちの強みとバ\リューは、コンサルティングと研修の融合 Vol.264

今年の冬は暖かい日が多いですが、今週から急に寒くなりましたね。
天気は良い日が続きましたが…
組織変革の支援や研修を行う日は、朝早く家を出ますが、外はまだ真っ暗ですし、本当に寒かった!


今週は「営業変革の支援」と「次世代リーダーが持つべき意思決定と問題解決力研修」を行いました。
営業変革支援は、昨年から取り組んでいる活動です。
(参照: 法人営業研修: 積極的(プロアクティブ)営業プログラム [導入事例: エンジニアリング企業様 @2015/12])


積極的に働きかけられない営業は、もう売れない時代です。
しかし、BtoBの場合には「ごり押し」すれば良いというものではありません。
情報を効果的に活用し、お客様に役に立ち貢献できるように働きかける必要があります。
そのような営業体制の構築を支援する活動です。


そのクライアントとずっと話をしていて、私たちの特異性 (優位性もしくは価値といったほうがいいかもしれません) がわかってきました。
ある意味、「営業力強化のイノベーション」と言えるかもしれません。


私たちの営業力強化の支援が、他の会社と大きく異なるのは、私たちが提供しているものは、「コンサルティング」と「研修」の融合だということです。
そして、このコンサルティングと研修の融合だから、クライアント様の投資対効果の確実性が格段に上がるということです。


もう少し詳しく説明します。
コンサルティングには様々なサービスがありますが、基本的には「事業目標や戦略策定の支援」や「業務プロセスの改善」、そして、「業務を請け負うアウトソーシング」なども時折含まれます。
しかし、これらは、基本的に実作業としてはコンサルティング側が行うことですので、実はあんまりクライアントの社内にそのノウハウが残っていないことが多いです (もちろん全てのコンサルティングということではないのですが… )。


「研修」は、基本的には「知識の習得」「スキルの向上」ですが、テーマごとに通常1-2日(長くても1週間くらい)でおこなわれます。
研修によって大きな変化を遂げる社員もいますが、「研修してもその効果は1週間程度しか続かず、すぐに元の状態に戻ってしまう…」と言われることも多いです。


私たちは、今までお客様に合わせて様々なカスタマイズ研修も作ってまいりました。
また、私たちのパートナー会社の研修によって多くの研修実施ノウハウも蓄積してきました。
そして、BtoB営業や次世代リーダー育成に関しては、その本質となる業務モデルを構築してきました。


これだけだと、コンサルティング会社がやっていることと研修会社がやっていることを1社でやっているだけです。
ですが、私たちの特異性や価値は、「融合している」ことなのです。


(1)コンサルティング領域の価値である業務プロセスの再構築
(2)研修領域であるそのためのスキル強化研修
(3)その両方の融合として、お客様の会社内で永続的に改善し続けられるためのマニュアル作成、そのスキルを持つ人材が研修できるような体制整備(継続的学習体系の確立)


今回、クライアントと話をして、ほとんどのコンサルティング会社の研修はあまり教え方がうまくないようでした。
そして、研修会社はあくまでも研修が価値なので実際の業務に合う(時代の変化に合う)業務モデル(ビジネスモデル)についてのナレッジが乏しいようでした。


そんな中、上記(3)が私たちの特異性であり、これができるからその投資の対価を確実に手に入れることができる、ということです。


この特異性をますます磨いていこうと思っています。特に、積極的(プロアクティブ)営業やマネージャーコアコンピテンシーに関わる領域において…


今年(2016年)は、営業力強化・次世代のリーダー育成など企業様の組織/人材変革にもっと貢献したいと考えておりますので、ぜひご推薦やご紹介をお願いいたします(あと3社ほど増やしたいと考えております)。


ご質問・ご依頼は、お問合せフォームにて、お気軽にご連絡ください。