[コンサルティング] 業務最適化 立案・推進サービス

Process Transformationのサムネイル法人営業(BtoB)業務領域を中心に、業務プロセス・スキル・評価を加味した営業業務最適化コンサルティングを協働形式で支援します。


業務最適化の必要性とハードル

外部環境の大きな変化の中、「営業部門の業績や成長率 (Growth) が不十分である」と感じている企業は多いです。
しかし、最適化の実行に際しては、社員自身の経験の不足(取り組み方がわからない)・業務習慣(問題意識がない)・社員の意識(変化を嫌がる)など、さまざまな要因により遂行が難しいケースがあるのも事実であり、これらへの挑戦が必要となります。


業務最適化のポイント

私たちは、最適化を成功に導くために、6つのポイントを重視してプロジェクトを推進していきます。
「変化への抵抗」を踏まえた取り組み変革プロジェクトの成功には、現場の社員の変革への取り組みが鍵となります。社員の「変化への抵抗」を変革プランに盛り込み、議論を通してメンバーを巻き込みながらプロジェクトを推進します。
「現状」および「目指す姿」の見える化営業業務は「製造現場」ではないためにプロセス化 / 見える化が非常に困難です。ですが、現状と目指す姿の両方の見える化することで初めて変革を効果的に推進することが出来るようになります。
ITツール選定の支援私たちはITベンダーではありませんので、クライアント様の「目指す姿」実現にITツールが必要な場合には、その導入のための要求仕様の策定や選定をお手伝いします。
プロジェクト線表の作成と推進管理目指す姿を実現するため、変革プロジェクトの推進プランを作成し、期限をもって取り組めるように進捗をモニタし、対策を講じます。
支援ではなく「協働」「支援」にとどまらず、当事者として業務改革の実現に関わる「協働」が基本スタンスです。したがって、業務改革の障害となる社内・グループ内の利害の調整、トラブル解決にも携わります。
変革のノウハウの定着最終的に、私たちがいなくても貴社の社員だけで変革が実施できるようになることが、私たちの最終目標です。そのために、貴社の社員と一緒にプロジェクトに遂行します。


業務最適化コンサルティングの進め方

私たちが行うコンサルティングは、基本的に下記の進め方で行います。クライアント様が自らできるようになるために、愚直に基本に基づいて取り組みます。
【調査課題設定】 関係者へのヒアリングや業務の観察を通して、現在の業務モデル・プロセスの図示と課題を設定する 【見える化】 現状の業務・モデルとプロセス、目指す業務モデルとプロセス、最適化のロードマップと具体的実施計画を文書化する 【最適化の推進】 最適化の実施計画に基づく推進と発生する問題の対処を恊働して実施する 【結果の報告】 プロジェクトの効果測定とReviewの報告、および、今後クライアント様だけで最適化を行うための提言をする。

お問い合わせ先

ご質問・ご依頼は、こちらからお問い合わせください

関連する導入事例

社内業務の最適化・生産性向上コンサルティング 導入事例 [お客様: サービス企業様 @2016/10]
積極的(プロアクティブ)営業プロセスの強化 [導入事例: エンジニアリング会社 @2016/08]
2011/08 大手IT企業様 「業務プロセスイノベーション」セッション