自ら考え行動できる能力がますます必要とされる時代へ 4つの育成ポイント Vol.262

今、社会で働く社員は二極化が進んでいます。二極化の1つは、市場や企業から認められ求められる人たちです。この人たちは様々な機会を得ることができ、希望に近い報酬を手にすることができている人たちです。
もう1つは、希望する機会や報酬をなかなか手にすることができない人たちです。
どうしてどのような違いが生まれているのでしょうか?
その違いを生み出している要因の一つは「自ら考え行動する働き方ができているかどうか?」です。
今は「自ら考え行動できる人」が求められる時代です。その様な社員を一人でも多く増やさなければ、企業は成長できません。簡単なことではありませんが、「自ら考え行動できる人」を育てなければなりません。
ですが、社員に「自ら考えろ!」とただ言っているだけでは育ちません。どうしたら育成できるようになるのか、その方法について考えます。


自ら考え行動する人だけがビジネスの世界で認められ求められる時代へ

仕事ができる人とできない人が二極化し始めている!

今週もたくさんの出来事があった1週間でした。

現在会社を起こす前、私は外資系企業で働いていました。その会社で勤めていた時に大変お世話になった上司がなくなり12月20日にそのお通夜がありました。大変お世話になった方だったので本当に寂しい思いでした。
そのお通夜には多くの諸先輩方や同僚も弔問に来ていました。
多くの諸先輩方や同僚と久しぶりに話をすることができましたが、それぞれがそれぞれの人生を過ごしていました。

その2日後の12月22日(水)は今年最後の研修を行なった日でした。
その日の研修は、様々な業界の様々な企業の社員が集まり「意思決定」について考える研修でした。
[参照: リーダーに求められる効果的な意思決定プロセス – ビジネス・シンク®]
その研修のお昼休みなどの休憩時間に参加者たちと「今ビジネスにおいて求められている人の特性」について話し合いました。
その話を通して参加者たちと最終的に納得したのは「今の仕事環境では、仕事ができる人とできない人が二極化し始めている」ということでした。


お通夜や研修などいろいろな出来事からいろいろと考え出せられる1週間でした。
この1週間ずっと考えていたことは「自ら考え行動できる人しかビジネスの世界では生き残れなくなる!」ということです。


働き方が人生にどのような影響を及ぼしていたか?

お通夜にはさまざまな諸先輩方や同僚たちが来ていました。
お通夜の席でその諸先輩方や同僚たちの現在の状況を聞いてみると、3つに分類できることに気がつきました。

【分類1】もう相当高齢のために年金で生活をしている人たち
この分類は、バブル景気が崩壊した後、10年以内に定年を迎えた人たちです。
年齢的にも75歳を超えていて、老後を楽しく過ごしているようでした。
高度成長経済の中サラリーマンとして働き、バブル崩壊とともに仕事をやめた世代の人たちです。
この世代の人たちは年金の心配はないので、お金には困っていないようでした。


【分類2】様々な企業で経営者や事業主として頑張っている人たち。
この分類の人たちは年齢的には40歳から70歳くらいの人たちで、かつ、ベンチャー企業を起こして取り組んでいる人や外資系企業の社長や取締役を担っている人たちです。
この人たちの昔の働きぶりを思いだしてみると、「自ら考え行動する」ことを実践し上層部からもお客様からも期待され評価されて活躍していた人たちでした。
昔から自ら考え行動していたので、自分でビジネスを始めたり社長や取締役などを任されて仕事をすることができていました。


【分類3】同じ40歳から70歳くらいの年齢の人たちですが、サラリーマンとして働いている人たち。
私がその会社をやめた後もその会社にずっとその会社の位置社員として働いている人や幾つかの会社を転々とした人でした。
この人たちの昔の働きぶりを思い出してみると、仕事の面では「自ら考え行動する」姿勢をあまり感じない人たちでした。


以上のように、会話をしながら「この人は過去どのような働き方をしていたかなあ?」を思い出していました。そうすると、その当時の働き方によって現在の状況が違っていました。ある意味、「原因と結果の法則」のようなものを感じました。

現在と比べると、当時はまだ現在ほど変化が急激ではなかった時代でした。それほど変化が激しくなかった当時においてもその時の働き方次第でその後の人生が大きく変わっていました。その後、手にしていた機会や報酬が違っていました。
これからの未来において、この働き方の差によってその後に手にすることができる機会や報酬の差は益々拡大していくでしょう。


この亡くなった上司は、多くのマネジメントについて考えるきっかけを与えてくれ、私が今の仕事を始められる土台を形作ってくれた方でした。
お通夜の席でさえ、私に深く考えるきっかけを与えてくれたように感じており本当に感謝です。


過去「自ら考え行動する」は求められていたのか?

バブルが終わるまでの高度成長期の日本では、「言われたことをしっかり行える」ことが求められている時代でした。
実際に「言われたことをしっかり行う」事をしていれば十分仕事がありました。


例えば、ものづくりの世界です。
工場には多くの労働者がいて、同じ作業を正しく忠実におこなっていました。
同じ作業を正しく忠実に行ってくれないと、品質が安定できないからです。
物を作る世界では、それが求められていることでした。
でも、もうそんな仕事はどんどんロボットが担うようになっています。
「言われたことをしっかり行う」だけの仕事はどんどん減ってきています。


この「言われたことをしっかり行う」という仕事を長く続けてきた人には下記のような傾向があります
「与えてもらうこと」が習慣となっており自ら考える能力が乏しくなっています。
「なにが問題か?」「どうすればいいか?」を自ら考えることができず、人に教えてもらわないとわからなくなっています。
また、「不満」に対する文句は言えますが、自らその「不満」を解消する取り組みをしようとしません。
そして、変化に対する抵抗感が強く、変化を率先することができないどころか、受け入れることができません。「改善」という必要な変化でさえ抵抗したりします。


今は「自ら考え行動する」人に共通する特性とは

ですが、今の時代に求められていることは、自ら考え行動できる人です。
特に、「付加価値」「サービス」「ソリューション」「イノベーション」という要素が求められる仕事では自ら考え行動できる人が求められます。
決められたことを決められたとおりに行っている人には、人に高い貢献や感動を与えることができないからです。
「自ら率先して発見し得ること」が習慣となっている人たちです。

自ら考え行動できる人に共通する要素とは、
  • 目的や目標が明確であること
  • 社内外の状況をしっかり観察・認識できること
  • その状況と目的や目標との差やギャップを認識できること
  • そのギャップを埋めるための対策を考えられること
  • それらのことに対してチームを巻き込めること
  • です。


    「自ら考え行動する」人の4つの育成ポイント

    あなたの会社ではこのような「自ら考え行動できる人」を育成できていますか?
    あなたの会社や組織にこのような人が足りなければ雇うか、もしくは、育てる必要があります。
    一番手っ取り早いのは「雇う」ことと思われがちですが、実は実現できる可能性はそれほど高くありません。
    通常そのような人はどこでも力を発揮できる存在ですので、会社内で重要なポジションにいますから、会社が手放そうとしません。そのため、そのような人を雇うためには相当な報酬を用意しなければなりません。
    なので、もっとも現実的なのは、そのような人を育てられる教育体系を作り育成することです。
    時間はかかりますが。


    「自ら考え行動する人を育成すること」は、企業の長期的な成長には必須条件です。
    具体的には、下記の4つのポイントに取り組む必要があります。
  • (1) 社員に対して、「自ら考え行動するモデル」に関する研修を実施する
  • (2) 半期/四半期ごとに目標設定を行い取り組む
  • (3) マネージャーがしっかりとティーチングとコーチングを行う
  • (4) 目標の評価を行う
  • 上記の通り、「自ら考え行動する人を育成すること」で鍵をにぎるのは、「個別の課題を与え、その課題を解決するための活動に取り組ませること」です。


    もうおわかりだと思いますが、「自ら考え行動する人」を育成するために必要なことは、目標管理制度(MBO)で取り組んでいることと一緒です。
    目標管理制度(MBO)に取り組んでいるのに、「自ら考える人」が育っていないということは、下記が原因となっています。

  • (1) 目標管理制度(MBO)の運用が間違っている
  • (2) 業務モデルが明確になっていない
  • (3) マネジメントがティーチングとコーチングができていない
  • (4) 社員が社内外に発生している問題の改善活動に取り組んでいない

  • これらに関わる社内に潜んでいる問題を特性し、改善する必要があります。
    特に、マネージャーのMBOのスキルを強化する必要があります。メンバーが「個別の課題を与え、その課題を解決するための活動に取り組ませること」を支援できる能力を持つ、成熟度の高いマネージャーが必要なのです。


    「自ら考え行動する」人が育つ環境を提供することは企業の必須条件!

    「自ら考え行動する」人を育てることは企業にとって必須条件です。
    ですが、残念ながら、全員が「自ら考え行動する人」に育つわけではありません。ですが、10人のうち1人は、育てる必要があります。その人が企業の未来を担っているのです。

    そして、10人のうち1人でも育つことができれば、次は2人目・3人目と増やせるようにしていく必要があります。

    「自ら考え行動できる人」を育てるためには、マネージャー任せにするのではなく、会社として下記のような環境を用意することも非常に重要です。
  • 会社の業務モデル・業務プロセスを明確にする
  • 改善の効果が測定しやすい仕組みを構築する
  • MBOを通してしっかり育成できるマネージャーを育てる

  • あなたの会社は、「自ら考え行動する」社員を育てることができる体制が整っていますでしょうか・
    もし整っていなければ、その環境を整えることから始める必要があります。
    そして、整っているのに育っていなければ、どこかに問題が潜んでいます。
    是非、私たちにご連絡ください。一緒に問題解決に取り組みましょう。あなたの会社に「自ら考え行動する」社員を増やすことが出来るように支援します。
    日本にもっと「自ら考え行動する人」が増えるように、今後も頑張っていく所存です。


    文:ティ・スクエア㈱ 寺尾 卓巳 (てらおたくみ, Takumi Terao)
    Copyright (C) 2016 T-square Co., Ltd. All rights reserved


    お問い合わせ先
    ご質問・ご依頼は、こちらからお問い合わせください

    一緒に読まれているコラム
    多くの機会を手にすることができる「新しいマネージャーの役割」 > 未来は自分で創る! チームを率いて結果を出すマネージャーの仕事術(1) Vol.302
    「自ら考え行動する」社員の育成! マネージャーの3つのポイント「聞く・見る・待つ」 Vol.301
    「マネージャーの言葉の使い方」次第でチームの目標達成への意欲が変わる! ポイントは義務から意志へ Vol.287
    成功する目標管理制度(MBO)とは? 企業が長期的に成長するための実践方法 Vol.278
    キックオフミーティング 成功の秘訣 / プロジェクトはスタートが肝心! Vol.277
    確実な業績向上(パフォーマンス向上)へ!合理性と現実性をもって取り組む3つの注意点! Vol.274
    部下がついてくる「目標設定」に向けて、マネージャーがすべき重要な1つのチェックポイント Vol.271

    関連するソリューション
    [研修] 思考力強化研修 / potential of thinking
    [研修] 事業を成長に導く「方針作成」研修で、卓越した経営を目指す!
    [プロフェッショナル人材育成] マネージャー・コアコンピテンシー強化
    [コンサルティング] 業務最適化および変革プロジェクトの立案・推進支援コンサルティングサービス

    関連する導入事例
    [お客様事例] 株式会社サカエ様 > 顧客をリードするプロアクティブな営業マンの育成研修で、売上が45億→55億に! Vol.298
    社内業務の最適化・生産性向上コンサルティング 事例 [お客様: サービス企業様 @2016/10]
    部長候補者を対象とした部門方針作成研修 導入事例 [クライアント企業: 人材派遣企業 @2016/10]
    部門方針(グループ方針)作成研修 導入事例 [お客様: エンジニアリング企業 @2016/08]